グーグルプラス活用法 |

グーグルプラスの効果的な活用法をお届けします。

グーグルプラス +1ボタン 徹底活用 − 効果音入♪ Welcome! New Red +1 Button♪ 2012.03.17

2013.04.18 Thu

23:43:31

このブログでは、Googleが無料で提供しているSNSであるGoogle+の活用法を
お届けしていきます。

グーグルプラスには+1ボタンと言う機能があります。

Facebookでの「いいね!」に相当する機能だと思ってください。

まずは、Youtubeから『グーグルプラス +1ボタン』で登録されている動画を紹介します。

『効果音入♪ Welcome! New Red +1 Button♪ 2012.03.17』




コチラの動画はいかがでしたか?


あなたも+1ボタンを活用してみてはいかがですか?


Yahoo知恵袋でも、Google+の+1ボタンに関する質問がありますね。


『どのブログサービスがお薦めかという質問です。 現在私は、ジオプラスで独自ドメイ...』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どのブログサービスがお薦めかという質問です。
現在私は、ジオプラスで独自ドメインを取得、ホームページを運営しています。

1)無料である
2)独自ドメインを利用(転用)できる
3)グーグルアドセンスなどアフィリエイトが可能
4)ホームページに合わせたカスタマイズ(デザインなど)が可能

以上の条件を希望です。

よろしくお願いいたします。


- 回答 -
はじめまして。

私の判る範囲でお答えさせていただきます。

1)無料である
※これはどこのサービスでも無料だと思いますので、お好きなところを選んでいただければと思います。

2)独自ドメインを利用(転用)できる

※無料ブログサービスでは、ドメインは固定されます。
他からのドメイン持込での運用が可能なサービスはありません。

どうしても独自ドメインでの運用をご希望であれば
Wordpress・Nucleus等のブログツールをご自分のサーバーにインストールして運用する以外ありません。

参考URL
WORDPRESS http://ja.wordpress.org/
Nucleus http://japan.nucleuscms.org/
これらのツールはオープンソースの為、費用は一切かかりませんが
運用するサーバーはPHPとデータベースを利用できる事が大前提となります。

3)グーグルアドセンスなどアフィリエイトが可能

※ yahoo、アメブロ以外であれば可能でしょう。(YAHOOもアメブロもできるのかな?)

4)ホームページに合わせたカスタマイズ(デザインなど)が可能

※ ブログサービスであれば、一番デザインの自由度が無いサービスはyahooです。
それ以外のサービスであれば、CSSをフルカスタマイズする事が可能です。
また、CLOG系のエンジンで運用されているブログサービスであれば、HTMLのテンプレートも自由にカスタマイズできます。
参考URL http://www.clog.jp/contents/area/area_list.html

繰り返しになりますが、独自ドメインでの運用をご希望であれば、ブログサービスの利用は不可能だと考えてください。

私の作成したサイトでは、独自ドメインのサイトと外部の無料ブログのサービスを組み合わせて運用していますが
デザインのみを統一して、ドメインなどは気にせずに運用しています。

参考URL
メインサイト
http://www.hs-sports.org/
ブログ
http://hssports.da-te.jp/

メニューのボタンも含めメインサイト・ブログのデザインを統一していますので、メインサイトとブログでの閲覧者の相互乗り入れを違和感無く実現できています。

ブログサービスを選ぶ際には、ユーザーの数と閲覧数は直接の関係を持ちません。
逆を言えば、ユーザーの少ない地域ブログなどを利用した方が記事投稿からそのページトップにリンクが表示される時間が長い為
閲覧者の誘導の点においては有利であると考えています。

アメブロやFC2などの巨大なブログポータルの場合、記事を投稿してもトップページにリンクが表示される時間は非常に短く、すぐに埋もれてしまいます。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Google+はまさに、これから活用していくにふさわしいものです。


皆さんも活用法を思いついたら、私に教えてください。


今回は以上です。

それでは、また次回まで。

See You


オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら