グーグルプラス活用法 |

グーグルプラスの効果的な活用法をお届けします。

グーグルプラスコミュニティ徹底活用 − Google+コミュニティ 『一眼動画』 プロモーションビデオ SAMPO TV

2013.04.10 Wed

17:28:56

このブログでは、Googleが無料で提供しているSNSであるGoogle+の活用法を
お届けしていきます。

グーグルプラスにはコミュニティと言う機能があります。

まずは、Youtubeから『グーグルプラスコミュニティ』で登録されている動画を紹介します。

『Google+コミュニティ 『一眼動画』 プロモーションビデオ SAMPO TV』




コチラの動画はいかがでしたか?


あなたもコミュニティを登録してみてはいかがですか?


Yahoo知恵袋でも、Google+のコミュニティに関する質問がありますね。


『社内でHPを作っている方、webデザイン、作成者にお尋ねします。 初心者レベルです...』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社内でHPを作っている方、webデザイン、作成者にお尋ねします。
初心者レベルですが社内のHPを作っています。
現在のフロアではパートの私がほぼ一人で作成、更新をしています。
html css Photoshop等を本や
夜間講座に通って勉強しています。
これから もっと勉強していきたいと思う反面、
社内でwebに理解がある上司が転勤してしまい、現在の上司は自社HPもじっくり
見た事がありません。
以前の上司はHPを作る知識はあまりありませんが、「これはどのカテゴリか」など頭に全て入っていました。
又、情報発信の大切さや、将来的にwebが会社の情報発信にとても大切であることを知っていました。
けれど現在の上司は、今までそうそうwebを見る習慣もなく「たいして誰も見ていない」としか思っていません。
(アクセス解析等の提案も当然却下されています)

イベント等があっても、HPに疎いので、「メルマガに載せてもらいましょう」「関係者が多いコミュニティに登録しましょう」「リンクのお願いをしましょう」等色々な提案しても、当然却下されてしまいます。(私はパートなので、自分で決定する権限がありません)

この先 色々なソフトや本が欲しくても会社で購入してくれる事もないです。
(そもそもPhotoshopを自費で勉強したのも、会社で素材等の購入をしてくれない為、もともとあった古いPhotoshopで
作る以外なかったからです)

そんな時 「理解が無いなぁ」「ここでのHPを作るってこれが限界かなぁ」とか思ったりされますか?
本当のプロとしてやっていくにはとても無理なレベルですが、 事務や雑用プラスHP作りのパートで、時給は他の事務パートの方と変わりません。

技術はありませんがwebの力は解っています。
仕事と割り切って「だれも見ないHP」を作る以外ないのでしょうか?


- 回答 -
いちよーWEBの仕事してます。

アクセス解析はグーグルanalyticsでしょうか?そちらだったら優秀な上無料なのでオススメです(許可おりないですかね)


>仕事と割り切って「だれも見ないHP」を作る以外ないのでしょうか?
どういう会社か(何を商品としていて、誰をターゲットにしているか)、また何を目的としているかによると思いますが、
だれも見ないかどうかは会社の上司はあまり関係ないので
キーワードなりニーズなりがあれば見てくれるものです。
ニーズのある商品(サービス)ならSEOきちんとすれば結構それだけでも反応あるものですよ。
さらに多くの人に見てもらおうとすればそれなりに施策、宣伝はもちろん必要ですが。


それから趣味としてやるのと仕事としてやるのはまったく違います。
仕事であれば需要と供給がなければならないのですから、
私が同じ仕事を請けたとして、
まず第1の”お客さん”であるあなたの会社に求められているのでなければ(=直接のお客さんからの需要がないのであれば)、
ほとんど更新の手間がかからない仕様にしてしまうのも手だと思います。
更新の手間がかからない仕様というのは、
更新しなければならないようなコンテンツ(こまごましたイベント情報、おもしろ企画ページなど思い付きのもの)を減らし、
普遍的な内容(会社案内、理念、サービスの紹介等)+ニュースページくらいに抑える
ということです。

やる気がないお客さん相手にこういうコーナーやりましょう、コンテンツ出してくださいといっても無駄です。
コンテンツを継続的に出していくのは結構大変なので、
それを出せる、というベースがその会社にないのにコーナーを設けるのは無駄だからです。
ある程度自分で好きにやれるならともかく、上司に聞かないといけなくてその上司がのれんに腕押しでは話がすすまないので、
いっそまったく手のかからないHPにしてしまったほうが仕事としてはラクなのではないでしょうか?
誰もみないHPを毎日何時間もかけてつくってる・・と思いながら仕事するよりもよっぽど効率的で無駄がないと思います。

あいた時間をそのぶん他の仕事か、自分の勉強にまわしちゃえばいいと思いますよ^^バレないようにですがw

あと、そうやって手のかからないHPにした上で、
時間あまってるんでメルマガやってもいいですか?とか聞いたら「お〜やれやれ」、っていってくれるかもしれませんよ^^
まずは自分の好きにできる時間を確立しては。


あと、あなた自身がWEBに興味があってそれだけやる気があるというのは、とても個人的なことだと思います。
会社は給料を払っているので、求められている仕事を与えられている時間にするのが基本だと思うので、
仕事は仕事として求められている仕事ちょい+αくらいでやって、
あとは自分時間で存分に勉強していってはと思います(本代とかはちょっとイタイのでもちろん勉強させてくれればベストですがね><)

この場合も与えられた仕事をこなした上であまった時間であれば、
あれやりたい、これやりたい、と言うのが、相手にはむしろ積極性に見えます。
よい意味にとらえられる可能性大かなって思います(あ〜このひと仕事できるな風)。



ただ、ひとつ、今の打開策としてちょっと思うのですが、
提案の仕方ですが、○○していいですか?どうしたらいいですか?というタイプの聞き方でなく、
「こうしたいんですがどうですか?」という形でしていってはどうでしょうか?(自発的な意志を示す形です)
昔編集のバイトをしてるときに、自分はバイトだし、責任ないし、、と思っていたときに編集長に言われたことです。
「どうしたらいいですか?(責任相手まかせ)」じゃなく「こうしたいんですがどうですか?(自発的、自己責任)」っていいなよって言われました。
自分の責任をもって提案していけば相手が納得してくれる確率がUPしますよ★



それからWEBサイトって内容的にパンフレット作りに似ているところがあります。
なので特にパソコンに疎いひとには、紙ベースで見てもらうのも効果的ですよ。
提案するときに口だけだったり、相手が納得する内容が足りてなかったり、そもそも理解してもらえなかったりしてないですか?
難しいことですが、そこにお客さん相手に仕事することの醍醐味があります。


あなたが今している仕事を趣味でなく仕事、ともし言い切れるなら、
上司をお客さんと見てみてはどうですか?
そう考えたら、よりよい案はよりよい提案の仕方をして説得、受け入れていってもらう必要があります。

なぜそれが必要か、これがあるとこんな風にいいという期待感
そういう部分きちんと説明できてますか?

そんな風に考えて仕事するのも結構おもしろいですよーー^^


あと、今よりもう少し仕事風に・・と思う場合は、

『WEBディレクション』という本一度読まれるのおすすめです★

せっかくなのでがんばってください★

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Google+はまさに、これから活用していくにふさわしいものです。


皆さんも活用法を思いついたら、私に教えてください。


今回は以上です。

それでは、また次回まで。

See You


オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら